この影響は何処まで・・・

値上げと言えば、皆さんも聞き飽きたと思います。

私達の仕事でも、

まだまだ、改善が見えません。

部位や材種によって価格はバラバラですが、家一軒の材木価格を比べると、

値上がり前の約2倍になっています。

200万円が400万円、300万円が600万円です。(大体ですョ)

現在では、今までの急騰は見られませんが、これから一上がりあるようです。

これから落ち着きを取り戻すとも言われながら、

3月頃から下がり始めるのか? もう少し先になるのか? それとも下がらないのか?

様々な情報が飛び交っています。

そして、鉄の値上がりや石油の値上がりも、建築全体に及んでいます。

基礎やクロス、水廻りや電化製品、石膏ボードや床材、屋根や外装板金関係、釘やビスまでもが・・・

約15%~30%と言う、とんでもない値上がりです。

皆さんの生活でも、ガソリンスタンドやお買い物でお困りだと思います。

いやっ、それ以外にも及んでいるはずです。

物によっては、この値段が下がらないとも言われています。

まさに、現内閣が打ち出している所得倍増!

入りが上がらなければ、出の苦しみだけになってしまいます。

真子様のご結婚で、NYの生活水準が取りだたされていますが、

日本の物価が大きく変わってしまうような気がします。

コロナ禍同様、この問題は後を引くように思います。

政治や世界に、もっと目を向けて行きたいと思います。