ぬ9

いろはにほへとちりぬ・・・・・・10番目
123456789・・・・・・・9番目
尺モジュールでいくと
0.91(3尺)×10=9.1m
0.91(3尺)×9=8.19m
9.1×8.19=74.529㎡
74.529÷3.3124(1坪)=22.5坪
ということなんですが・・・


こんな計算しなくても
ぬ9
ぬ・・・10番目
9・・・9番目
3尺マスが90個
1坪は3尺マスが4個
なので
暗算(9×10)÷4=22.5
この番付をみておおよその坪数がわかります。
欠けがなければ22.5坪ですね。
とても便利な「いろは…」ですね。
これには深い歴史があります。
この歌はいつの時代に誰がつくったのだろうか。

いろはにほへと ちりるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰ぞ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔いもせず

この歌の意味は、「香りよく色美しく咲き誇る花でも、いつかはやがて散ってしまいます。この世に生きる私たちであっても、それは全く同じことで、いつまでも生き続けられるものではありません。 このどこまでも続く無常の現世とも思われる奥山を、今乗り越えて悟りの世界に至ることができるなら、仮想である現世に酔いしれたり、儚い夢を見ることなく安らかな心境でいられるだろうに。」となります。