セットバック

住宅を建築する際に、法律を無視して建てることはできません。

いわゆる建築基準法と呼ばれるものが代表的で

1950年(昭和25年)に施行された法律であり

時代に合わせて改正が繰り返されています。

代表的な法に道路のセットバックといったものがあります。

住宅を建てる敷地は4m以上の幅の道路に接していないといけません。

新しく作られた分譲地は基準に合わせてつくられますが

昔からある土地はそうでないことが多々あります。

自分の敷地に道路は接しているが幅が4mない場合

4mの幅が取れるようにしなくてはなりません。

ブロック塀などが積んである場合は撤去しなければ

違法になってしまいます。これをセットバックと言います。

写真の擁壁もセットバックを考えて造られています。

全ての道路が当てはまるわけではありませんが

自分の敷地にブロック塀などをつくる際には道路と

将来の計画を踏まえて計画をすることが大切です。

前の記事

誕生日の・・・🎂

次の記事

寄付の季節に。。。