危機管理を❕❕

建築会社に関わらず、建築に携わる業者の倒産情報が入って来ています。

これからも、増えて行くのではないかと思います。

1社が倒産すると、関係するお客様・業者・職人など、幅広く影響を及ぼします。

その組織が大きければ大きいほど、その影響も大きく膨らみます。

問題は、その会社が倒産したことによって、取引が閉ざされてしまう事です。

取引きが出来なくなれば当然困りますが、工事を止めるわけには行きません。

トラストホームでは、偶然にも取引できるルートをそれぞれ幾つか持っていますが、

危機管理と言う意味では、そう言った準備が必要だと感じています。

簡単に考えがちですが・・・

取引きとは、お金を払うから付き合ってくれと簡単には行きません。

お客を選ぶ権利があると言う事です。

例を挙げると・・・

銀行がお金を貸すか? 貸さないか? 付き合うか? 付き合わないか?

問屋さんが物を納めるか? 納めないか?

は、相手の内容次第です。

付き合える人(会社)かどうかは、審査次第です。

状況次第では、取引をしてくれません。

だからこそ、ある程度の規模で良好な経営をしていなければ、取引先が閉ざされて行きます。

人間性・会社性も、大きく左右されます。

実際に・・・

「取引に制限を設けますよ!」「取引は厳しいですよ!」

と、言われている人(会社)は山ほどあります。

健全な人・会社でなければならないとは、こう言う事だと思います。

私の20年のちっぽけな経営経験ですが、とっても感じています。

「あいつ、頑張ってるよな!」 そう言われるように、自身を磨いて行きたいと思います。

次の記事

おかめ