現場調査を大切に行うこと…

先日、リフォームのお客様から問い合わせをいただき、お風呂、トイレ、洗面化粧台の交換のために調査に伺いました。

調査に行きお話を伺うと、お風呂の交換に関して、「現状入っているものよりも少しでも大きなお風呂を入れたい。」というお客様の要望があり、実際にどの程度の大きさのお風呂が入るのかという調査を、大工さんと一緒に行いました。この調査は推測だけで判断することができない重要なもので、大きいサイズのお風呂を注文した後で、「やっぱり入りませんでした…。」という訳にはいきません。そのため、リフォームの現場では、職人さんと一緒に現場調査を行うことがほとんどです。正確な見積もりを提示するためにも、必要不可欠なことだと考えています。

今回のお客様のお宅は、天井裏の寸法を正確に測り、ワンサイズ大きいお風呂を入れることができることがわかりました。

今後もお客様のご要望に、最大限応えられるリフォームを提案できるよう、最善を尽くしていきたいと思います。