見えてきました👀

中小企業は会社の話しをすることが少ないと思いますが、

少し触れてみたいと思います。

会社の決算は3月が多いと思いますが、私達は12月が決算月です。

予想通り、前年対比107%UPの過去最高を見込んでおります。

コロナ禍にも関わらず、一重にご理解を頂いたお客様のお陰と感謝申し上げます。

しかし、内容については、

相変わらずのウッドショックと、その他材料ほぼ全ての値上がりの影響により、

辛うじて黒字は維持できそうなものの、大きなダメージを受けるのは決定的です。

世の中、様々な物の値上がりにより、苦しんでいる方が大勢いらっしゃると思いますが、

建築価格によるダメージは、想像を絶する事になりそうです。

私達の会社は、一棟一件全てにおいて帳簿を付けているので、事前に決算状況は把握していました。

中小企業の弱い所は、その事務処理が追い付かず、

決算集計してみないと状況が分からない会社が多い事だと聞いております。

12月や3月決算の会社が多いと思いますが、

終わってみて初めて気付く会社が多いと思います。

「なんだ、この数字は」」 って・・・

すでに現状を考慮して値上げを行っている会社も多いと思いますが、

私達は5月頃微増させて頂いてから、値上げは行っておりません。

それから、100万円単位での価格上昇がありました。

もし、この価格に落ち着きが見られなければ、来年の中間(夏前くらい)に、

価格改定を行わなければならない状況になりそうです。

出来る限り、頑張るつもりではおります。

(価格が落ち着いてくれば、軽微なもので済むと思いますが!)

依然、状況が掴めません。

みなさん聞いていらっしゃると思いますが、

価格上昇に追い打ちをかけて、建材の遅延も発生しております。

その数も、拡大方向にあるようです。

何がいつ足らなくなるのか、突然やって来ます。

会社も、優秀なスタッフがいて維持できなければ、

結果お客様にご迷惑をお掛けする事になります。

早く、落ち着きを見せてくれる事を願っています。

日本だけではなく、世界中に大きな影響が出ていると思います。

みなさんで、しっかり乗り切って参りましょう!!!

次の記事

気のゆるみ