弊社では、確定拠出型年金と言う制度をいち早く導入し、

平成21年1月1日から施行しています。

もうすぐ、10年になります。

この制度については、準備と申請期間がありますので、約1年がかりの作業でした。

勿論、厚生年金にも加入していますが、この制度は退職金としての積み立てと言うイメージです。

毎月、ある一定額を会社が拠出し、個人が運用しながら積み立てていく仕組みです。

 

実は、中小企業って、退職金が無いところがほとんどです。

大手にしても、退職金として財源を確保していた会社はありませんでした。

私は、大きくても小さくても、株式会社は株式会社!

スタッフの福利厚生を考えて行かなけれなならないのは、全く変わりありません。

安心して働ける仕組みを、しっかり作ろうと思っています。

でも、まだまだ満足の行くものではないと思いますが・・・

しかし、経営者は当たり前として考えて行かなければならない事です。

 

ここで・・・

私が自分自身で、常に感じている事なのですが?

私にも、サラリーマン時代がありました。今は、経営者として働いています。

現在も多くの組織の中で、経営側と社員側の温度差がかなりあると思うのです。

テレビでも、政治・スポーツ・会社で起こっている事を、頻繁に放送しています。

私が意識している事は、

サラリーマン時代に戻って、自分が社員だったら何を望むか?

そして、経営側に立って、組織を纏めていくには何が必要なのか?

全て、反対の立場になって考える事が出来れば、答えはそこにあると思うのです。

みんな、自分が可愛いから、自分を中心に考える事が多いと思います。

反対の立場で物事を考える事って、とっても大切なことだと思うのです。

 

商売でも考えてみましょうか!

皆さんも、イメージをしていただけると有難いです。

自分が、お客さんの立場だったら・・・

相手の会社の事はほとんど考えず、

安く買いたい・人を見る・不満だったら文句も言う。

きっと、私もそうだと思います。

でも、自分が仕事をしている立場だったら・・・

自分とお客様が合うか合わないかは、お客様しだい。

値引かれるのは嫌だし、経営が悪くなって給料カット ボーナスカットになるのは勿論いやだ。

仕事の立場になった売る側、お客様の立場になった買う側では、

全く相反する考え方が存在するのです。

まるで、二重人格になったように!!

 

うまく伝えることが出来ませんが、

「自分がその立場だったらどう思うか?」

を考えられれば、損をする生き方を防げるような気がします。

一番まずいのは、その立場になったらその立場しか考えない!

これって、嫌われますよね!! それどころか、格好悪い!!!

気を付けたいと思います。