私も、本を2冊出版させて頂いた事があります。

 

息子が就職するときに、プレゼントした本があります!

 

伊集院静 「贈る言葉」

二十歳の君へ。働く君へ。

連むな。逃げるな。孤独に慣れろ。抵抗しろ。改革しろ。妥協するな。

こころと身体で汗をかけ。そして、苦い酒も覚えろ。

すべては覚悟から始まる!

 

息子のところに行ったとき、本棚に刺さっていました。

「たまには、見る時があるのかな?」

 

私も、これから読もうとしている本があります。

丹波宇一郎 「仕事と心の流儀」

元伊藤忠商事株式会社会長が書いた本です。

中身は分かりませんが、なんか刺激がありそうな気がして・・・

社会人6年目の息子にも、プレゼントしようかと?(読んでみてからですが・・・)

 

人の成長は、まず意識改革からだと思います。

仕事をして覚えて行く事もありますが、社会人として 仕事人として

何が大切なのか?

それが理解できなければ、人の成長はないと思います。

心の流儀って、とっても大切だと思います。

「仕事ができればそれでいいのか?」

 

心を鍛える事を、疎かにしたくないですネ!