何で、こんなお題にしたかって???

私たちは、住宅ローンを扱っているからです。

ほとんどの方は、住宅ローンを利用して家を建てられます。

しかも・・・

今は、35年と言う長期にわたっての返済が主流になっています。

まさしく、一生かけて支払っていく、人生最大のローンです。

そのほか、車であったり学資であったり、様々な支払いが付きまといます。

 

その仕事をさせて頂いている私たち会社も、仕事を運営していく上で借入を行います。

ちなみに、

「うちの会社は、無借金経営です。」

実は、こういう会社は、あまり良い会社ではありません。

何故かと言うと、必要な時に借入できない事が起こるからです。

借入とは、借入実績と返済実績で決まります。

お付き合いでも実績を作っておくと、枠も広がり簡単に手続きをすることが出来ます。

勿論、私がいつも申し上げている、

毎年銀行さんに提出をしなければならない、会社の通知表(決算書)の内容にも左右されますが・・・

 

では・・・

法人でも個人でも、良い借金と悪い借金があるはずです。

見極めは、とっても難しいですが、

あくまでも持論 私の持論です!

「良い借金とは、しっかりと返済している感がある借金!」

「悪い借金とは、返済に追われてる感のある借金!」    です!!!

これは感覚の問題ですが、もし後者であれば、すぐに何かしらのテコ入れが必要だと思います。

それが遅れるとすれば、悪化していく可能性は大です。

テコ入れは、面倒であったり犠牲にしなければならない物があったりするので、

何とかなるだろうの気持ちで、ズルズル行ってしまう事が多いと思います。

借入(借金)が、悪い訳ではありません。 借入は私たちが生活していく上で、必要不可欠な物です。

 

勇気を持って、いち早く借入先や専門家に相談することが大切です。

周りに対する体裁などが気になりますが、取り返しがつかなくなる前に行動しましょう!

 

私は今のところ、返済感があると思って頑張っています。

 

借入とは、借り方 返し方の問題だと思います。(スミマセン。当たり前ですネ!)