今年の年末の挨拶の話題は・・・

取引業者さんやメーカーさんが挨拶に来られますが、

建築会社の動向(受注)や人材不足に伴う人材確保の話題になります。

 

現在、受注量の悪化や資金不足による経営悪化の話しが絶えません。

また、仕事があっても人材不足で、仕事がうまく回って行かない現象も多いようです。

建築関係も二極化で、仕事があるところと無いところに分かれて行きます。

これからは、そのスピードも加速していくと思います。

 

消費増税を目前にして、気を付けなければならない事!

それは・・・

「3月31日までの契約をあおる会社だと思います。」

前回、それで失敗した方々が大勢います。

私たちは、お客様が納得した時が契約のタイミングと申し上げております。

大きなポイントは、

*住宅ローン減税の拡充

*住まい給付金の拡充

*次世代住宅ポイント制度の創設

などが検討されています。

 

ひょっとしたら、増税後の方がメリットが大きかったりして・・・

 

国が一番心配している事は、増税後の消費の落ち込みです。

税収の減退が一番怖いのです。

 

だから・・・

無理に焦って、わざわざ忙し時期に自分の家を放り込まなくても!

みなさんのペースで進め、納得した時がタイミングです。

正確な情報を入れましょう。