息子が就職する時に、伊集院静さんの本を、

そろそろと思い、丹羽宇一郎さんの本をプレゼントしました。

 

先日、息子からLINEが入って、

「丹羽宇一郎さんの本勉強になったから、また何かちょうだい。」

大人になったのかなって? ちょっと、嬉しくなりました。

「一回りも二回りも大きくなって欲しいし、格好いい男になって欲しいから送るよ。」

記憶をたどりながら考えた結果、

今回はこれっ! <写真が雑ですが (笑)>

努力しなくてもいい! 自分は凄い人なんだと1日100回言う。

奥深いから、誤解しないで読んでと言い添えました。

 

私が感じたのは、無理に努力をしたって結果はついて来ない。

自分は凄い人なんだと自信を持って、楽しさを感じなければ成功しないよ!

凄いんだと思えてくれば、凄い人の言動に変わるし、そう言った品格が身に付くと思うんです。

一言で言うと、嫌々やったって結果は出ないよ! そう、感じました。

誤解しないでと言ったのは、解釈を間違えると、凄い人だと頭に乗ったり生意気になったり・・・

 

私がこの本を読んだ解釈はそうでした。

 

息子は、コーパイとして飛行機に乗っています。

近い将来、機長になると思います。

1日何百人。 将来を考えると、何千人・何万人の安全を届ける仕事です。

高いところが苦手な私には、絶対に真似が出来ません。

 

凄い人になって欲しいと、心から思っています。

 

あの息子が、親父が読んだ本を読んでくれるとは・・・