1月15日、息子の誕生日にLINEを送ったら返信が・・・

「あざーす!」

「丹羽宇一郎さんの本勉強になったから、また何かちょうだい📖」 って!

 

息子が就職する時に一冊目、

 

1年位前になろうか二冊目、

を、プレゼントした。

少しは、勉強してくれているようです。

 

私が仕事を完結する時に、最後の本(三冊目)をプレゼントしようと思っていましたが、

その前に催促が来てしまいました。<想定外>

 

何でこんな事をしているかと言うと、

父親として息子に何かを残してあげたいと思ったからです。

息子には、

「俺を反面教師に、いい父親になってな!」 と送りました。

 

私が息子に教えられる事は、

「親父のようになりたい。親父を越してやる。」 と思ってもらえるか、

「親父のようにはなりたくない。」 と思ってもらえるかのどちらかです。

普通の親父だよとは、決して思って欲しくありません。

一人前の男(社会人)になる為に、親父を踏み台にして欲しいのです。

自分から何かを感じ取ってくれれば、親になった意味があったのかなって・・・

 

いずれにしても、プレゼントするパターンが変わりそうです。