久しぶりに読みましたが、

当社・他社さんの書き込みなどを見ると、色々な事が書いてあります。

勿論、でたらめもあるかも知れませんが、以外と当たっている事も書き込まれていると思います。

 

当社に書かれていたのは、やはり空気環境の事!

ホームページを見ますし、wb house と言う特殊な工法を扱っているので当然だと思います。

ここで中途半端にお話しすると、更に分かりづらくなるかも知れませんが、

wb houseとは、

形状記憶合金と言う温度を記憶させたバネを利用し、

夏は開いて換気をし、

冬は閉じて保温をすると言う工法です。

機械に頼らず、自然の生活を考えた工法なのです。

現代は、冬向きの家を造りますので冬場の説明は良しとして、

夏は湿度が上がり、今の単なる高気密の家の弱点です。

その為、wb houseは、透湿壁と壁体内通気により、

湿度を抑えるとともに、湿度と一緒に有害物質や嫌な臭いなどを除去します。

目に見えないから説明が難しく、証明にも時間や労力がかかりましたが、

信州大学と九州大学の協力を得て、分子学まで及んだ室内環境と透湿を立証し、

国土交通大臣認定や各種特許の取得が認められました。

 

当社では、それを体感していただくため、

事務所前に、体感棟(ルーム)を建設いたしました。

中に入れば、百聞は一見にしかずです。

人がどんな環境で生活しているか、一瞬で分かります。

 

トラストホームを選ぶか選ばないかは関係なく、

一度体感棟に入って頂き、何に気を付けてどんな家に住むべきなのか、

判断材料にしていただければ幸いです。

 

私は、「今の建築は何かが違う。」 と感じ独立を決意しました。

自分が嫌な家は建てたくない思いは変わっていません。

気密が強く断熱性能が良ければ、凄くいい家だと思うかもしれませんが、

実際には結露している情報などがたくさん寄せられています。

本当の事なのです。

一つだけに注視すれば、必ず他に弊害が及びます。

「バランスを考えた家造り!」

私は、これを語り合って行きたいと思っています。

そして、納得の行く家づくりを考えて行きたいと思います。

 

真面目っ 👋