様々な住宅会社が混在する中で、お客様が1社だけに絞り込み一生に一度の買い物をする事はすごく勇気と度胸が必要だと思います。

お客様がお付き合いする会社を選ぶ判断基準は、、、住宅会社が存在する数+接客する営業マンの数だけあると思います。

同じ会社でも営業マンが違えば話す順番段取り、知識も違ってくると思います。ただし、会社のポリシーや考え方などは営業マンによって変わるということはいけないと思います。同じ建築会社の事をAさんは好き、Bさんは嫌いということをよく耳にします。少し奥深く聞いてみると、その会社の考え方が好きとか嫌いとかではなく、接客して頂いた方の事を好きとか嫌いと言っていることが多いです。自分の会社の良さを伝える前に会社を嫌いになられてはお客様にとっても会社にとってもプラスに働くことはないような気がします。

お客様が公平に住宅会社を選ぶことは難しいのかもしれません、いい会社であっても一営業マンによってわるい会社にもなってしまう。逆のパターンももしかしたらあるかもしれません。いいものだから売れる、わるいものは売れないなんて事は通用しないのかもしれません。

実際にお客様が選んでいるのは会社ではなくて営業マンなのかもしれないと思う時があります。私は契約を急ぐよりもじっくりよく考えてから一つずつステップアップしていき、しっかりとした人間関係をお客様と築いてからの契約が好ましいと考えています。それが次への紹介とつながっていっている事は間違いないです。