家を建てるにあたって調整区域という区域があります。

県や市町村で内容が異なるのですが、建築できる人できない人が存在します。

安易に土地を購入して家を建てようとしても、購入者には家を建てられないことがあります。

土地を購入するときや、もらうときには家を建てられない人でもできてしまうので非常に怖いです。

基本不動産屋が入る場合には必ず説明をしてくれるので心配はないと思うのですが、個人間の売買や贈与では知らないで名義を移してしまうこともあります。

一度名義を移してしまうと、家を建てられなくなってしまうエリアも存在するので特に個人間でのやりとりは注意が必要になります。

ここ最近調整区域のお客様が多くなっているので注意しながら応対していきたいと思います。