農地転用という言葉を聞いたことがある人は少なくないと思います。

土地には、地目と言って土地の種類がいくつか種類があります。

宅地にや雑種地には、家を建てることができますが

畑や田といった農地は、地目変更をかけて

宅地にしなければなりません。

農業をしている人とそうでない人では、転用できる面積の上限が違ったり

転用で残った農地の形に決まりがあったりと、いくつかの基準も守らなければなりません。

また、農地でない地目なのに転用が必要というケースもあります。

建築の法律だけでなく関連する法律も、もっと勉強していかなければですね。