8年が経過した。

復興を忘れてはいけない。

震災の恐怖を忘れてはいけない。

私たちは後世にこの事を伝えていかなければいけない。

また、建築に関わっている自分は、震災に影響の無い建物を

造っていきたい。

では、また。