住宅に建てるにあたり法律を守らなければなりません。

建築に関する法律は建築基準法と言われます。

面積の制限や高さの制限。その地域に建てられる用途の制限など。

いろいろな制限がかけられます。

また、建築基準法以外の法律もたくさんあります。

それらを関連法規と呼びます。

代表的なものに都市計画法や農地法といった法律は聞いたことがある方もいると思います。

このあたりの地域では、田や畑が多く

そういった場所に建築物を建築するには開発行為や農地転用といった

許可が必要になります。

単純に土地を持っているから、そこに建物を建てようというわけにはいきません。

市や県の許可が下りないと建築できない場所も多く、中には建築が不可能な土地も

少なくありません。

家を建てるにあたっての法律の話しでした。