なぜ中国や北朝鮮方向にいかないのか?

はじめは、どんどん西方向へ進んでいるのに日本へ近づくと急激に曲がるのか。

素人考えならば誰でもそう思うはず。

頼むからまっすぐに行ってもらえないかな。

もしくは、地球の自転が逆回転になったら来ないんじゃないか。

なんて考える人は他にもいるはずです。

逆回転したらば・・・

するともっと恐ろしいことになるみたいです。

地球の自転速度が時速1400kmなので、急に逆回転すると生物から何からすべて吹き飛んでしまうらしい。

台風どころじゃない!!

別の意味では、魚好きにはたまらないかもしれないが、海流が変わりたくさん魚が取れるかもしれない。

やっぱり今のままでいいです。

自宅の家中をしっかり台風対策して、非常の時には無理せず行動することです。

台風対策受付中!!

明日は我が身、常に警戒をしながら備えることが一番大切です。

***一部抜粋***

発生場所がフィリピンあたりだと、東風(貿易風)が吹いているために西に向かって進むが、転向力

(地球の自転により起こる現象で、北半球では直進しようとするものに対して右向きの力が加わる現象。

コリオリの力とも言う。

北に向かった後も転向力は働き続けるので、結果として日本列島を縦断するようなコースになりやすい。

台風の発生場所、貿易風、転向力、日本列島の位置、この4つの要素の組み合わせの結果ということですね。

上記のことは概ね間違いないと思いますが、それにプラスして、日本列島の上空には偏西風が吹いていて、

これが南西から北東に向かって吹くため、それによって台風は日本に近付くと猛烈に加速されるそうです。