「青春とは心の若さである」 松下先生のお言葉

漫然と同じ毎日を繰り返していないか。さらなる挑戦を失っていないか。

青春とは、肉体ではなく心の若さ。信念と希望にあふれ、勇気にみちて

日に新たなる活動を続けるかぎり、青春は永遠にその人のものである。

いい言葉ですね。

幸之助は言いました。誰しも年は一年一年増えていくことは避けられないし、肉体的に

衰えていくのもやむを得ない。けれども精神面で若さを失わないで生きることができるはずだ。

また、そうでなければならない。と思ったそうだ。

この詩は連合国軍最高司令官のマッカーサー元帥の座右の銘とし、執務室へ飾っていたそうです。

何かと年をとったからと言い訳しがちですが、若いのに覇気がない老いた人より老いているのでは

と思える人もいます。まさにこころのあり方が大切なんですね。